Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://baikoku.blog36.fc2.com/tb.php/1-e941c31b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

毎日新聞社説 妄想全開中

毎日新聞
社説:視点・竹島の日 日韓友情年が中韓連帯年に
---引用開始---
 今年は日韓国交正常化40周年を記念する「日韓友情年」だった。

ポスターが外務省の構内に張ってある。それを見た某国の大使館員に言われた。「日韓外交の失敗を宣伝してるみたいだね」

 今年の初めはまだ昨年来の「冬ソナ」「韓流」のブームが続いていた。「友情年」の滑り出しは順調に見えた。

 歯車が狂い出すのは3月。島根県議会の「竹島の日条例」制定からだ。韓国世論は猛反発し、反日デモが起き、国会議員が竹島に上陸して実効支配を見せつけた。政治は結果がすべてだ。日本の領有権になんの進展もなかった「竹島の日」とはなんだったのか。

 今年、日本外交が全力を挙げて取り組むべき目標は、国連安全保障理事会の常任理事国入りだった。近隣国はかならず反対する。だから韓国や中国の抵抗を最小限におさえる戦術も必要になる。

 首相官邸は、なぜ「政府の大切な国連外交の邪魔になる。今年は遠慮してくれ」と県議会を説得しなかったのだろう。

 韓国から見ると、日韓国交正常化40周年の今年は、日帝植民地支配からの解放60周年の年であり、また日本の保護国になった第2次日韓協約から100年である。

 三つの節目のうち、どの節目を選ぶかで雰囲気は大きく変わる。正常化40年という未来志向の節目に立とうというのが「友情年」の狙いだった。

 だが「竹島の日」は、韓国人に第2次日韓協約という節目を選ばせた。日本が竹島を島根県に編入した年が、まさに第2次日韓協約の結ばれた年だからである。日本の国連外交には不利な環境ができてしまった。

 韓国の反日デモは、インターネットで見守っていた中国人を刺激した。これが4月、「日本を常任理事国にするな」という中国各地の反日デモ爆発につながった。

 国際世論は、暴力的な反日デモに冷たい目を向けたが、日本の常任理事国入りという問題にうかつに手を出すと中国と面倒なことになるということも理解した。

 小泉純一郎首相が、県議会に頭を下げて「竹島の日」を先送りさせていたなら、盧武鉉(ノムヒョン)大統領に会ったときに「あなたとの友情を大事にした」と、韓国に貸しを作れたかもしれない。「YKKは友情と打算だ」と言える小泉首相ならできたろうに。

 靖国神社参拝でも、ジャカルタで胡錦涛国家主席と会った時に「今年は主席との友情を重んじて遠慮する」と、友情を押し売りしていたら、中国は常任理事国入り妨害工作を少しは遠慮したかもしれない。来年の8月15日にまとめて参拝しても遅くない。

 今年最後の首脳外交は、マレーシアの東アジアサミット。中国と韓国は日本との首脳会談を拒否した。「日韓友情年」は「中韓連帯年」で終わった。【論説委員・金子秀敏】
---引用終了---

・・・想像を書くな想像を。新聞は事実を書いてくれ。
韓国は論外として、中国が遠慮?ここは笑うところなのでしょうか?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://baikoku.blog36.fc2.com/tb.php/1-e941c31b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
特亜メイン

キッズgooはじかれサイト同盟

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。